八剱八幡神社由緒|八剱八幡神社

神社名 八剱八幡神社 やつるぎはちまんじんじゃ
本殿(流れ造り) 6坪
幣殿 6坪
拝殿(入母屋造り) 18坪
御祭神 誉田別命 ほんだわけのみこと(應神天皇)
息長足姫命 おきながたらしひめのみこと(神功皇后)
足仲彦命 たらしなかつひこのみこと(仲哀天皇)
素盞鳴命 すさのおのみこと
日本武尊 やまとたけるのみこと
三社神社 ・御嶽神社 ・三峰神社 ・稲荷神社
祖神社 ・屋船久久能知神 ・屋船豊受姫神
・手置帆負神・彦狭知神

由緒

当社の社伝によると往昔このあたり一帯の地を八剱の里と呼び、この里の神を八剱の神と称え、この神に仕えるはふりを八剱と申した。

人皇第12代景行天皇の40年、日本武尊御東征の折り、相模国(神奈川県)より此の地に渡らんとするとき、浦賀沖で暴風雨に遭遇し御船が転覆寸前となった。そのとき妃橘姫が、「これ尊の相模の地より此の海を望み給ひて、これ小海なり、立跳りにも渡りつべし、とあさみ給ひしに依りて渡津海の神の怒り給ふなり」と海の神の怒りを静めようとして、尊の身代わりとなって御入水あそばれた。そのことにより、尊は無事に此の地にお着きになりましたが、姫の死を悼んでしばらく当社にご滞留になり、此の地を去ることをなさらなかったので、「君去らず」と呼ぶようになり、なまって現在の「木更津」になったと伝えられる。

源頼朝鎌倉幕府開幕に当たり、神領を寄進して社殿を造営する。

天正19年徳川家康公社領3石2斗を寄進せられ、御朱印の証を授与される。慶長19年大阪冬の陣が起こると木更津より多くの船頭が召出されて、向井忠勝、小浜光隆軍のもとで目覚しい働きをした。これも八剱八幡神社の霊験加護のたまものであるとして、特に当社の宮司らを駿府城内に招き、銅鳥1隻と銀子を贈り神恩に感謝した。

宝暦2年に木更津の大火に依り社殿焼失。安永2年に現社殿を再建。寛政9年に社殿修理を加える。大正3年に社殿の大改修をする。また、明治4年には郷社に列せられる。昭和55年の社殿改修に際しては、格天井装飾画(162枚)も復元され、現在は厄除・交通安全・初宮詣・七五三詣・商売繁盛・合格祈願・学業成就等の守護神として鎮座する。

末社・表忠碑

三社神社(流造)|八剱八幡神社由緒

三社神社(流造)

・御嶽神社(国常立尊、
大己貴命、少彦名命)
・三峰神社
(伊弉諾尊、伊弉冉尊)
・稲荷神社(宇迦之御魂神)

祖神社(土蔵造)|八剱八幡神社由緒

祖神社(土蔵造)

・屋船久久能知神
・屋船豊受姫神
・手置帆負神
・彦狭知神

表忠碑|八剱八幡神社由緒

表忠碑

・日露戦争での戦病死者
「表忠碑」
・大正14年4月3日建立
・元帥陸軍大将
子爵川村景明書

▲上へ戻る